モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

やりなおし

映画『この胸いっぱいの愛を』。映画や芝居や本のタイトルは、こういう口にするのがちょっと照れくさいものだと話題にしづらい。参ったなと思っていたのだけども、この言葉は、終盤の台詞のなかに出てくるのでした。重要なフレーズだったのですね。タイムスリップとか実はこうだったとか、そういうのは決して新しいエピソードではありません。でも、それを承知で撮りたいものをとても丁寧に撮りました、という感じの温かい作品でした。それと、タイムスリップもののお約束で、最終的に必ず辻褄のあわないところがでてくるのですが、この話を観ているとそんなのもどうでもいい問題に思えました。『蝉しぐれ』に「しかたがない、ひとは後悔するようにできてるんだ」というような台詞があります。そのとおりで、時間を巻き戻してやり直せたらどんなにいいだろうということは誰にでも、尽きぬほどあります。主人公を含む4人は、その後悔のなかでも「どうしてもそのままにしておけないこと」があるためにタイムスリップするのでした。私もウスイ(宮藤官九郎)みたいに、過去に戻って「ごめんなさい」を言えたらいいなあ…。子供時代のヒロや和美が感情を高ぶらせるとまさに手をつけられない状態になります。それが、簡単なドラマ手法ではまったく片づかないのはリアルでした。終わる人生と続いていく人生、そのどちらも、青空のように晴れたものにはなり得ない。だからこそ映画のラストシーン、次にそんな世界があってほしいという希望が持てるんですね。
[PR]
by komarius | 2005-11-09 23:52 | 映画