モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

もうクリスマス

b0008883_227332.jpgバイト先の季刊誌のクリスマス特集号の撮影。もうそんな季節か、早いなあ。レープクーヘンとかシュトーレンとか、12月気分てんこもり。スタイリストさんが持ってきてくださったクリスマスツリー型のライトがとてもかわいかったです。
[PR]
by komarius | 2005-09-30 23:24 | 暮らし

読書リレー

本屋さんに行くと、ふと「ああ、仮にこれから一生のすべての時間を本を読むことに費やしたとしても、この一軒の本屋のなかにある本すべてすら読破できないんだろうな」と思ってめまいがしてくることがあります。だから、縁のあったものはあんまり深く考えないでとりあえず読んだほうがいいんじゃないかと思って、最近はウォークマンより本を持ち歩くことにしています。基本的にはハードカバー派なのですが、これはいたずらにかばんが重くなるのと、持ち歩くと痛んでしまうのと、やっぱり家計を逼迫するので、なるべく文庫の棚に行きます。読んだはずなのにあらすじを言葉にしようと思うとさっぱり思い出せないものも多いなあ。まあ、それでもいいのかもしれないな。こないだうち夢野久作の短編集を2冊続けて読んだらちょっと体力が低下。なので、小川未明の童話集に移行したらこれも結構電車のなかで泣きそうになってしまって恥ずかしかった。ので、いまかばんに入れてるのは谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』。懐かしいな。ある意味ではこれも匠の世界、劇的ビフォーアフター。
[PR]
by komarius | 2005-09-29 23:02 |

出遅れた!

コンビニでスタバが買える!の触れ込みで、昨日9月27日、「ディスカバリー」シリーズ新発売。されたはずが、売り切れです。朝、駅から勤務先までのコンビニすべてに寄ってみたけどひとつも残っていません。オーマイガー。スタバ人気を甘くみていました。帰り道も、ともだちにつきあってもらって勤務先から駅までのコンビニすべてをのぞいてみましたがやっぱりひとつも残っていません。スタバのロゴがついた立派なな質感のトレーがなにも乗せずに冷ケースのスペースを確保しており、それがなおさら売り切れ感をアップしています。おみごと。何軒めかのローソンで「ほらあやっぱりないよ!」とがっくりしたところ、そばで品出ししていた店員さんが「それですね、初回は50個くらいオーダーできたんですけど、オーダーがはいりすぎてラインがまわらなくなっちゃって、当分1日に5、6個みたいになっちゃってるんですよ。夜明けとか朝とか、納品のトラックきたあとすぐに行けば買える店もあると思います」と教えてくださいました。ありがとうございます店員さん、そうか、夜明け…、いやそれは…。
[PR]
by komarius | 2005-09-28 23:45 | ごはん・お茶・お酒

ちいさなおうち

アルバイト先のパン屋さんにて、お客様にプレゼントする粗品のふりわけ。家の形をしたステンレスのティーストレーナー。これ昔うちにもあったなあ。なかに紅茶の葉を入れて、ポットの中に落としておくんです。でも実は小さすぎて、紅茶の葉がひらききらないからあんまり美味しい淹れ方ではないんだけどね、まあかわいいから。気は心。
[PR]
by komarius | 2005-09-27 23:23 | 暮らし

おぎやはぎ

「名物に旨いものなし」。そんなことはねえ。結構美味しいですよねいろいろ。仙台みやげ定番のカスタードまんじゅう、菓匠三金の萩の月は、やはりかなりいけてると思う。ただ、「萩の月(はぎのつき)」と書こうとすると、どうしても「荻の月(おぎのつき)」になってしまうのはなぜなんでしょう。ちなみに、「大相撲(おおずもう)」と書こうとすると「大相模(おおさがみ)」になってしまい、「相模原市(さがみはらし)」と書こうとすると「相撲原市(すもうはらし)」になってしまうのもなぜなんでしょう。
[PR]
by komarius | 2005-09-26 23:19 | ごはん・お茶・お酒

よこちょ

渋谷東急のれん街、銀座すし栄。ここのわさびはとんでもなく効くので、握り寿司を作っていただくときには「わさびは握らないでよこちょに置いてください」とお願いするのですが、それを業界用語(なのか)では「よこわさ」というらしいです。
[PR]
by komarius | 2005-09-25 23:17 | ごはん・お茶・お酒

とれとれぴちぴち

ずいぶん前に行った大阪・なんばの「かに道楽」。お店にはいってエレベーターに乗り、扉がしまるやいなや電気が消えます。なに!とあわてそうになると、壁と天井にぼんやりと星空が浮かび上がり、箱のなかは一転プラネタリウムに。そしてスピーカーからゆるゆると流れ出す♪とぉ~れとぉれ~ぴぃ~ちぴっちぃか~に~りょ~お~り~。…あれも相当ショッキングな経験だったが、今月の歌舞伎座『平家蟹』は、それよりもっと怖い蟹体験となりました。壇ノ浦の合戦で命運尽きた平家の残党。生き延びてしまった女たちはうら寂しい浜で細々と命をつなぎ、またそのためには女性として恥をしのばねばなりませんでした。しかし上臈だった玉蟲(芝翫)は断固としてその生き方を否定します。源氏への恨みはすでに玉蟲の心を蝕んでおり、床下からざわざわと這い出てくる蟹の一匹一匹にかつての平家の武将たちの名前を呼んで語りかける彼女の笑顔には背筋が凍ります。その玉蟲の妹、玉琴(魁春)が、那須与五郎(橋之助)という男と結婚するという。この与五郎、よりによってあの壇ノ浦で扇を打ち落とした那須与一の弟。玉蟲にこの縁組が許せるはずもありません。しかし玉琴は、与五郎とともに玉蟲のすまいをたずねてきます。一心に頭を下げる妹と義弟。その姿についに心打たれたのか、ふたりに優しい言葉をかけ、酒をふるまう玉蟲。しかし。その酒にはすでに、蟹の毒がしこんであったのでした。怖い。怖いよ。だいたいのっけの白石加代子ナレーションで震え上がっているところに、蟹がざわざわ。妹と義弟絶命。玉蟲嬉しそう。また蟹がざわざわ。ついにその蟹に誘われるように荒れ狂う波のなかへ。玉蟲やっぱり嬉しそう。芝翫のおじいちゃま、いろんな意味ですごすぎる…。
[PR]
by komarius | 2005-09-24 23:32 | 舞台

しょうそつ

厳しい先輩に叱責されるのもきついが、冷たい後輩と組むのもかなり憔悴するものですよね。それでいま凹んでるのは私ではなくって、前の会社のともだちのびっちゃん。部署を異動してからたいへんな苦労をしているようなのです。年次はいっていても、まったく違う畑の部署からくると、ある意味新入社員とかわらない。どうしてもうまくいかなくて、相棒になった後輩に質問すると、この彼女が常に「…前にもいいましたよね」な対応なんだそうだ。ちなみにびっちゃんは優しいうえに体もちっちゃな子なので、言葉だけでなく物理的に見下ろされる辛さも加わるわけです。かわいそうだなあ。前に「びっちゃんを励ます会」(という名の飲み会)で、うさ晴らしついでに「今度なんか言われたら『すいません私、小卒なんでわからないんですぅ』っていってみれば?」とみんなで笑っていたのですが、今日びっちゃんから届いたメールに「ためしに『ごめんなさい小卒で』っていってみたら、やっぱり『はあ!?』っていわれちゃった、テヘ」みたいなことが書いてありました。…オイほんとに言ったんかびっちゃん!!…日本なんか、今日にも死ぬみたいな環境なわけじゃないのに、傷つたり傷つけられたりで体感する辛さは言葉にできない。なんなんだろこれ。ともあれ、別々の場所だけどがんばろうねびっちゃん。そして次の飲み会いつにする?
[PR]
by komarius | 2005-09-23 23:33

ビアフェスタ行けず

ともだちが日比谷公園の「ドイツビアフェスタ」に誘ってくれたんだけども、ちょうど編集の深夜作業の日にあたってしまって行けなかった…無念。じんこ、いつもいろいろ声かけてくれてありがとう。次の機会にはぜひへべれけの仲間入りをしたく参上つかまつりたいと思うです。
[PR]
by komarius | 2005-09-22 19:27 | ごはん・お茶・お酒

せ、せんぺい…

朝起きて台所に行ったらこんなものが!博多みやげ「いなかせんぺい」。せん「べ」いではなく、せん「ぺ」い。ものすごいインパクトの箱である。箱の裏にはなにやら歌の歌詞まで。

♪行くも帰るも博多はうれし、にわかせんぺい手にさげて
♪博多みやげの包をとけば、にわかせんぺい踊り出す

踊りだすのか…怖いよ…。
[PR]
by komarius | 2005-09-21 23:22 | ごはん・お茶・お酒