モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

反省文

我慢すると昨日誓ったはずの『河合継之助』をやっぱり我慢できなくなり、もちろん当初はほかのことをいろいろしながら流し見するつもりがついじっくり見てしまったため、夕方6時の時点でまったく大掃除終了のめどがたちません。そしてお年賀状もやっぱり書き終わりませんでした。お恥ずかしい!まるで今年1年のゆるゆるを凝縮したような1日だったなあ。来年はもうちょっといろいろとひきしめてまいりたい、などと思いつつ、7時30分からはじまる『紅白歌合戦』に既に気もそぞろ…。
[PR]
by komarius | 2005-12-31 18:15 | テレビ

がんばろう

昨日でアルバイトも仕事おさめ。久しぶりに「家にいるな」という感慨に浸っている場合ではなく、ただいまお年賀状と大掃除に同時進行で取り組んでおります。「ながら」でやったらますます進まない性分なので、録画してある『天保十二年のシェイクスピア』も『河合継之助』も年明けまでお預けです。でもなあ、やっぱりこりゃ両方とも今年じゅうには終わらないな…。みなさま、またしてもご無礼いたします。お赦しくださいませ。
[PR]
by komarius | 2005-12-30 18:34 | 暮らし

ゆずちゃ

美味しいものもうひとつ。ゆずジャム+はちみつ+熱いお湯=ゆず茶。チョコクロの店、サンマルクならカップでお持ち帰りできるので、ひとつ買ってカイロ代わりにしながらもうひと働きの12月。家でも作りたいなと思うんだけど、いま流行ってるからなのかなあ、近くのスーパーのジャムコーナーにいつ行っても柚子だけ売り切れなのです。
[PR]
by komarius | 2005-12-29 20:13 | ごはん・お茶・お酒

十穀がゆ

ナチュラルハウスの十穀がゆは美味しい。器が、アメリカ映画にでてくるチャイニーズのテイクアウトっぽい紙箱です。ふたの部分は浅いお皿になっていて、ここに乗っているほうれんそうや梅干し、もやし、にんじんを、食べるときにお粥にまぜます。味の決め手はおそらく、お粥にかかっているダシの効いた「あん」だと思うんですね。ビバお粥。まあ唯一にして最大の難点は、あっという間におなかがすくことですけれども。
[PR]
by komarius | 2005-12-28 23:42 | ごはん・お茶・お酒

おつかれさまでした

編集部の仕事納め。これでまる3年か、早いなあ。良くも悪くも慣れっこになったことあり、いまだにまったく慣れないこともあり。さまざまですが、「もういらない」と言われるまではがんばってみようと思います。夜は恒例、近くのホテルのビュッフェにて忘年会。ちなみに私以外はお酒を飲まない肝臓優良児ばかりなんですよね(笑)。誰かもうひとりくらい「とりあえず生!」っていうノリの人がいてくれたらなあ…というのが、今のささやかな希望でございます。
[PR]
by komarius | 2005-12-27 23:34 | ごはん・お茶・お酒

ホット、ホット!

史上最大に運動不足になってしまった2005年、先日ようやくダンスのお稽古に復帰の兆しがみえたので、ここで歩みを止めてはならないと思い、かねてより気になっていたホットヨガの体験レッスンにチャレンジしてまりいました。ここ1年ぐらいでヨガスタジオってすごく増えてるんですよね。ホットヨガ、パワーヨガ、ピラティス。このヨガバブルも、あと2年ぐらいで次々クローズか、うまくすればスタバのごとく定着か。ともかくものはためしと出かけてみました。サウナみたいに暖かくした、というか暑くしたスタジオに一人用のマットがたくさん並べて敷いてあり、好きなところに座ります。各自タオルと1リットルのお水を持ち込み、ポーズを終えるごとに水分補給。ゆっくり静かに、それぞれのペースでできるのが気持ちよく、一方でバランスものにはかなりの集中力が必要です。一所懸命になって呼吸を忘れるとすぐに息があがってしまいます。無理してぶっ倒れる人もいるんじゃないかなあ。しかし、これはなかなか楽しいではないか。ちなみに60分のレッスンが終わると、みんな「お疲れさまでした」もそこそこにスタジオを飛び出していくのでなにごとかと思ったら、シャワーの争奪戦だったのね(笑)。
[PR]
by komarius | 2005-12-26 23:19 | 暮らし

負けるな、殿!

全日本フィギュアスケート選手権。女子の1位は村主章枝選手、かねてより村主教信者である私としては涙でテレビ画面が霞んでしまいました。たまらないんだよね、あのトゥーマッチにウェッティーな美しさが…。トリノ冬季オリンピック代表もようやく決まりました。しかしずいぶん慌しいスケート界。ちょっと落ち着け!とくに男子の表彰トラブルはあまりにもお粗末で、どちらの選手にとってもたいへん気の毒な出来事でした。だけど今日、エキジビションにすっきりした顔で登場した織田信成くん。偉いぞ。パジャマ姿でリンクを駆け回り、会場の温度をぐっと高くしたあの肝の座ったエンターティナーぶりは、さすがはかの戦国武将の血を引くサムライであります。といっても、泣かないものはバッサリとぶった切ったご先祖さまに対し、平成の世に生きる信成くんは「泣かぬなら/それでいいじゃん/ほととぎす」だそうな。安土桃山から引き継がれたカリスマ性は、時を経てずいぶん柔軟なものに変化を遂げたのですね。今回の出来事には、手にしたはずの天下をさらわれるという運命の巡りを感じてちょっと鳥肌がたったりもしたんだけど、きっと彼ならば近いうちに、そんな歴史的ジンクスなどぶっとばしてくれることでしょう。
[PR]
by komarius | 2005-12-25 23:36 | テレビ

めりーくりすまし!

…バイ坂本龍馬@三谷幸喜『彦馬がゆく』。クリスマス前夜でございます。24日の深夜ミサや25日の朝ミサは尋常でなく混み合うため、今回はもうちょっと早めを狙ってみようと、夕方4時30分からの回めざして四ツ谷の教会へ繰り出しました。しかしこれまたたいそう混んでいた。あたりまえですよね、クリスマスなんだから(笑)。降誕祭ミサはいつもより歌が多くて楽しい。知らない曲も結構あるので、初見で歌う訓練にもなったりしますな。洗礼を受けている信者は「聖体拝領」といって、ミサの終盤に神父さまからキリストの体(パン)と血(ワイン)を分け与えていただきます。どっちかっていうと血のほうを分け合いたいところですが、だいたいこれは神父さまの特権となっており、一般信者はコイン型の小さなパンをいただきます。パンというか、ウエハースですね。小学生のとき、シスターから「このパンはおせんべいみたいにばりばり噛んではいけません、お口のなかでゆっくり溶かしていただきなさい」と習いました。さらに「でもうっかりすると上あごにはりついて苦しいので気をつけなさい」とも習いました。昔に比べてサービスサイズになったような気がするこのパン、大きくなるにつれてはりつく危険度は確実にアップしております。スリリング。ミサの途中でちょっと周りをみまわしたら、ぐるっとバルコニーまで人、人、人で感動しました。そんなわけでみなさま、クリスマスおめでとうございます。
[PR]
by komarius | 2005-12-24 23:58 | 暮らし

一心に

金スマ」の、大島渚+小山明子ご夫妻の壮絶な闘病看護生活に呆然。『御法度』を撮る直前に大島監督が倒れてしまって、でもそのあとがんばって復帰して作品を撮りきって、いまはリハビリを続けて良くなってるんだろうな、と勝手に思っていたのですが、その『御法度』以降がもっともっとたいへんだったのですね。今、小山さんはもちろん、ご家族みなさんが、車椅子の監督を支えています。体の自由はきかないけど、もしかして頭のなかで次の作品のコンテがすっかりできあがってたりして…なんて望んでみたり。この特集のあと「小田和正のコンサートで『夜空ノムコウ』を歌う中居正広」という企画が続きました。小田さんは、飄々といろんなこと言いながらギターをつまびき、同じラインでひっぱり、すこし引いてみてはあやうくなるとさりげなく添って、最後にはハモリまで入れて中居くんの声を「歌声」にまで持ってった。すごい人です。中居くんもいままでにないくらい真剣だった。たいへん失礼ながらSMAPを歌手だと思ったことは一度もないしこれからもないと思うのですが、この日のこの1曲は記憶に留めておきたい、と感じました。
[PR]
by komarius | 2005-12-23 23:39 | テレビ

心配ごと

大阪の宝塚公演で事故が起きたようです。宙組トップスターのたかこ(和央ようか)さんがフライングの最中に落下、骨盤骨折。本番中のできごとですから、ご本人、生徒とスタッフのみなさんはいわんや、観ていたお客様もどんなに恐ろしかったかと思うのですが、とりあえず落下した地点でその曲を最後まで歌ったというプロ根性…。頑張ったねえ。来年の引退が決まっているだけにここへきての休演は本当に残念だけど、それを残念がれること、つまり命にかかわる大事にならなくてほんとうによかった、と思うしかないです。いまは治療に専念して、元気になって戻ってきてください。
[PR]
by komarius | 2005-12-22 23:38 | 舞台