モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

10年ひと昔

10年前、あなたはなにをしていましたか」。…なにしてたっけ。昨日はじまったドラマ『神はサイコロを振らない』。10年前に忽然と消息を絶った旅客機が、ある日突然長崎空港へ帰還します。機内からは、あの日のままの乗客と乗員たちが。けれども、彼らを迎える「関係者」と「遺族」たちにはそれぞれの10年がたっているわけです。というサビからいきなり入ったのですが、なんかね、タッチがすごく変わってるんだよね。超常現象が起きている(しかもこのあともっとたいへんなことが起こるらしい)にもかかわらず、どこか乾いていてコミカルで、そして暖かい感じがするのは、脚本と音楽、それと主人公・黛ヤス子を演じる小林聡美さんの持ち味なのでありましょう。航空会社に勤めるヤス子は38歳。旅客機失踪当時は対策委員会で遺族会とのパイプ役をつとめていました。しかし、事件は解明されないまま「全員死亡」という結論で風化。その後、年次を重ねていく彼女の生命力が、女性の自由を決して許さない職場でどんなふうに磨耗していったのかは想像に難くありません。結果、いまのヤス子は「定年まで平和につとめて年金をもらう」ことだけを思い、精神的仮死状態で日々をやり過ごしているのです。対して当該旅客機の客室乗務員(というか10年前なのでスチューワーデス)の亜紀(ともさかりえ)のテンションはすこぶる高い。ともさかさん、レニー・ゼルウィガーみたいだ。前からこういうお芝居する女優さんだったっけ、いいなあ。10年前のままに直球を放ってくる亜紀にヤス子のいう「18歳から28歳までの10年と、28歳から38歳までの10年は違うのよ」は重すぎるが(笑)、おそらくヤス子の目覚めも遠くないとは思われる。がんばれヤッチ!ほかにも市川美和子とか遠山景織子(久しぶり!)とか、女性陣がとてもおもしろい顔ぶれです。男性陣のなかでことさら目をひいたのは尾美としのり。尾美くん、今回やけに「いい男」なんだよな。でも亜紀には「遺族会の、こういう(両側からひっぱって細くする)目の、カッコいいのか悪いのかわかんない人」と評されていた。ちなみに、ヤス子の弟役で武田真治くんが出ています。あいかわらず綺麗な顔してるなあ…と見とれていたら、そういえばこの人の大ファンだったのがちょうど「10年前」くらいであることを思い出しました。死ぬ寸前の目にあったこともあったな…若かった…。
[PR]
by komarius | 2006-01-19 23:37 | テレビ

今年も遅ればせながら

初詣@浅草寺。行くたびに驚くことだけど、浅草って平日の昼間でもなんであんなに混んでるんでしょうか。お線香たいてお賽銭してお参りして、おみくじをひきました。ありがたや吉とでたので、これをたたんで手帳にはさんで、かわりに去年から持ち歩いていたのを境内に結んでお返し(このやり方たぶん間違ってるな)。しかし、お線香の煙というのは力強いですね。お風呂に入るまでずっと自分が抹香くさかったです。
[PR]
by komarius | 2006-01-18 23:34 | 暮らし

とめいと

トマトジュース、美味しっすよね。かの佐伯チズ先生も「トマトジュース+黒ごま=最強」とおっしゃっておられます。前の会社の社員食堂で、ランチのあとに奥の喫茶コーナー(たしか「メンバー2」とかいう名前のスペース)に行きトマトジュースを頼むと、これが北海道産「オオカミの桃」でつくづく飲み手があったなあ。アンデルセンのヒュッゲシリーズ「トマト+レモン」もなかなかいけます。そんな折、苫小牧産の特別なトマトジュースをいただいて大喜びしたのですが、お値段をきいてびっくり。

3000円ですってよ奥さん…。
[PR]
by komarius | 2006-01-17 23:46 | ごはん・お茶・お酒

グランドホテル

ミュージカル『グランドホテル』。舞台そのものは中日を過ぎんとするあたり、かつ、ダブルキャストのガイゲルン男爵が岡幸二郎さんにバトンタッチした初日でもありました。岡さんの歌が「すごい」なんていうのはいまさらジロー岡幸二郎なはずなのですが、なんというか、とてつもない新人の初舞台のその夜に出くわしてしまったかのような衝撃を受けたのです。ハンサムで親切、だけど孤独で寂しげなガイゲルン男爵。盗みに入るより施しを受けるほうが「恥」だという価値観は、「姉さん。僕は、貴族です」と手紙を残して死んだ『斜陽』の直治みたいですね。東西問わず、金を持たない貴族のなんと脆いことか。しかしその彼が、盗みに入ったその部屋で運命的な恋に出会います。死に体だった青年が生き生きと顔を輝かせ、しかしそれから1日とたたぬうちに命を奪われる非情。ミュージカルならたいがい誰かが死んでもその魂は消えずにそこに残る(と信じようとする)のだけれども、ガイゲルンのラストナンバーは「魂が残っている」のではなくて「いまにも消えてしまう残留思念」のようでした。ああ、もうこの人はこの世にいないんだ。鳥肌がたった。希望と絶望、生と死はすぐ隣り合わせであり、そういう人生に弄ばれながらそれぞれが必死に生きていかなければいけません。だけどこれ、それほど哀しくはないんですね。というか哀しんでる場合じゃないという感じなんですかね。いい意味での諦観にむしろホッとするラストシーンは、この作品の力+演出家グレン・ウォルフォードの手腕なんだろうな。いわんや音楽の素晴らしさ。舞台上段のオケのみなさんも20年代ヨーロッパの上流階級的な衣裳を身に着けていて素敵でした。ホテルの壁が一部、資生堂パーラーの包み紙みたいだった。あと、ホテルマン・エリック役のパク・トンハ。トンさま久しぶり。日本語上手になったじゃないすか。汗もかきすぎてないぞ!
[PR]
by komarius | 2006-01-16 23:17 | 舞台

サユリスト

ようやく『SAYURI』を観てきました。うおー、おもしろかった!スピルバーグ氏いわく「日本によく似たどこかの国」の物語。そして踊りの撮り方がうまいのはさすがにロブ・マーシャル監督です。やけにリアルな部分とファンタジーが混在した、不思議な映画でした。長尺だけど、美しさに酔ってる間に終わってしまいます。思うにこれ、男(の気持ちがわかる人)と女(の気持ちに立つ人)で感じ方がぜんぜん違うんじゃないかな。女性はたまらんですよ。千代=さゆりはもちろん、おカボも豆葉(ミシェル・ヨーの倍賞美津子的美しさに卒倒しそうです)もおかあさんの気持ちも、どっかぴりりとくるじゃないですか。とくに初桃(コン・リー)。ぴりりどころか感電です。性悪だけど、無理なのはわかってるけどさ、幸せになってほしかったよ…。この映画がどこか物足りないと感じるとすれば、ラストのハッピーエンド含め、意外と「クサくない」ところかもしれません。たとえば、子供時代の千代があそこで初桃と幸市の密会をばらさず隠し通したとする。長じて火事、憎しみはあれどあのときの「借り」を返す気になった初桃がさゆりを逃がして、炎のなかに消える(幸せになってないじゃん)…くらいのお約束なドラマを、観るほうはわりと期待してしまうわけですね。だけどあそこで密会がばれないと戸にかんぬきをかけられない→屋根の上大脱走もない→端女修行なし→橋の上で会長さんに会えない、ことになってしまうのでだめか。やっぱりよくできとる。ところで、この映画を観ていてなんとなく『ショーガール』を思い出しました。とんでもなく足の長い主演女優エリザベス・バークレーは、あの一作でハリウッドに愛想を尽かしてどこかへ行ってしまった…と思いこんでいたのですが、どうやら映画のラストとごっちゃにしてたみたいです。ホントはその後もいろんな作品でご活躍らしい。勝手に引退させてすみません。
[PR]
by komarius | 2006-01-15 23:09 | 映画

みはるちゃんのこと

ミュージカル『パウロ』@アートスフィア。久しぶりに森奈みはるちゃんの歌をたっぷり聴いて満足。あいかわらずいい声してるなあ。みはるちゃんは、宝塚出身の女優さんである。花組のトップ娘役。ヤンさんこと安寿ミラさんの相手役でした。当時の花組は「ヤンミキ時代」といって、トップ男役のヤンさんと、二番手男役の真矢みきさんのコンビの押し出しが強かったので、その間で「こざる」と呼ばれニコニコしていたちっちゃなみはるちゃんはとても可愛かった。そして猛烈に歌が上手かったのである。地声が強く、一般的な娘役のクラシカルな歌い方とは一線を画したキュートでパワフルな歌声は、退団後の今もますます健在です。ずいぶん前になりますが、劇団☆新感線の『西遊記』で、たしかなんか女王様の役だったのだが、マイクを手にしたみはるちゃんの声が青山劇場中に朗々と響き渡ったときの客席の「…だ、誰あれ!(あちこちでパンフレットをめくる音)」みたいな空気が忘れられません。東宝の『フォーティーセカンドストリート』の「Sunny Side to Every Situation」のソロパート「♪株もない~貯金もない、ちっちゃな金庫になにもない~」も好きだったなー。ちなみに共演者のみなさまによると、みはるちゃんは飲み会参加率優良児で、かなりの天然ボケで周囲を圧倒しているらしいです。頼もしいではないか。
[PR]
by komarius | 2006-01-14 23:48 | 舞台

もちしゃぶ

バイト先でお正月に飾っていた鏡餅は、プラスチックの「鏡餅ケース」に個別包装の切り餅が入っているタイプのやつだったので、それをばらしてみんなでお餅しゃぶしゃぶをしました。切り餅はそのままだと大きいので、半分に切ります。沸騰したお湯に落として柔らかくなったらボールにあげ、あずきと混ぜたり、きな粉をかけたり。茹で餅は、網で焼いて醤油を塗ったときのあのいい匂いには叶いませんが、焼きすぎて爆発させる心配がないのがいいですね。新鮮だったのはお餅+納豆+ごま。意外といけました。考えてみたら、味としてはごはんに納豆かけてるのと同じなんだった。
[PR]
by komarius | 2006-01-13 23:14 | ごはん・お茶・お酒

ユー・アー・マイ・サンシャイン

家庭におけるチャンネル権がないこともあり、
連続ドラマはほぼ99%途中脱落する私でございますが、
TBS木9の『白夜行』。
これはできればがんばって最終回まで追いかけたい。

テイストとしては
(『世界の中心で愛を叫ぶ』のキャスト+『永遠の仔』な雰囲気)÷2
という感じで入りやすかったです。
『永遠の仔』なのは、渡部篤郎が出ているためよけいそう思うのか。
しかし彼は今回悪い大人役です。
あばずれ母さん役の麻生祐未も
またいいお仕事をしておられます。

初回2時間スペシャルは、
主人公の亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)の過去。
逃げ場のない子供がふたり、
川の水面に映った月を「花」だといってはしゃぐところが
痛々しくて胸がつまりました。

ふたりが起こした「事件」を、
過去から未来へ執拗に追いかけていく笹垣刑事に武田鉄矢。
大阪弁があやしいですしぇんしぇい。
この刑事の助手・古賀刑事がやけに素敵だったのですが、
よくみたら山田幸太朗くんじゃないか。
いろんな意味ででっかくなっとる…。
[PR]
by komarius | 2006-01-12 23:25 | テレビ

シュワシュシュシュ

アーノルド・シュワルツネッガーさん交通事故!大怪我にならなくてよかったものの、この事故のついでにバイク無免許運転発覚。イタリアで免許とったから、アメリカに移ってから取り直す必要はないと思ってたんだそうな。わからないでもないが、しっかりしてください州知事どの(笑)。
[PR]
by komarius | 2006-01-11 23:17 | 映画

リトル・ティガー

寿初春大歌舞伎、夜の部。中村雁治郎あらため坂田藤十郎襲名披露です。おめでとうございます。もう、こっそりガンジーと呼ぶことができないことだけが残念でございます。やっぱり襲名はいいもんですね。今月の歌舞伎座は華やかかつ、しっとり、はんなり。ちょっと色っぽい。思えば勘三郎さんのときにはなんていうか、桜満開、っていうより打ち上げ花火ドカーン!みたいな雰囲気だったもんな。襲名する役者さんの空気を繊細に映しだしてくれるこの古い劇場がもうすぐ建てかえかと思うと寂しい。まあ、地震があるたび天井から埃が降ってくるんじゃいい加減危険なのでしかたないのであった。『伽羅先代萩(めいぼく・せんだいはぎ)』は、藤十郎さんの政岡はもちろん、いつもクールな梅玉さんのこわーい顔や、幸四郎・吉右衛門兄弟の貴重な共演シーン(一瞬だったけど)などいろいろ楽しみのある演目でした。しかし、それらを凌駕する勢いだったのが千松役の中村虎之助。衝撃の初舞台です。扇雀さんのご長男、つまり藤十郎さんのお孫さん。まだ小学校1年生くらいかなあ、ちっちゃいんだこれが。背丈も手足の長さも手の大きさもとびきりかわいい、まさにいたいけな存在感なのである。にもかかわらず、あのしっかりした佇まいはどうでしょう。やっぱり、おそるべしDNAですね。あんな幼い子がじっと座っているということだけでも感動なのに、まばたきの仕方まで気持ちのいいリズム感。声も通りに通っています。鶴千代(中村鶴松)とすごろくをやる姿も、さいころを振るその手元がたまらない。おかげで、政岡のまま炊きをすっかり見逃すところでした。松島役の扇雀パパ、さぞや嬉しかろう。そして、舞台のまんなかでぽつんと死んでる千松に背中を向けてはけていくのはさぞや辛かろう。ちなみに、翫雀さんのご長男、壱太郎くんも二枚目で素敵なんですよね。パパたちと違ってすっきりした体型…いやパパたちはあの丸いところがいいんですって。藤十郎さんが屋号も山城屋に変わられて、これから西の成駒屋を支えていくのは翫雀、扇雀のおふたり。あまり縁のなかった上方歌舞伎、これからはもっと観ていきたいと思いました。
[PR]
by komarius | 2006-01-10 23:16 | 舞台