モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

武勇伝、武勇伝

…などという言い方をするのは不謹慎なのですが、あえて。誘拐された赤ちゃん、無事に帰ってきてホントによかったですねえ。誘拐される前より体重が増えていたというから偉い。タフな新生児だ。どでかく、かつ幸せな人生を歩んでほしいです。
[PR]
by komarius | 2006-01-09 23:16 | テレビ

馬場ちゃん、久しぶり!

今年のNHK大河ドラマ『功名が辻 山内一豊の妻』が始まりました。なんか久しぶりにあっけらかんとした日曜夜8時。みんな死んじゃう(『新選組!』)のと、絶対死んじゃう(『義経』)のが続いたので、今年の主役ふたりは行く末が明るいと思うとよけいに嬉しく感じます。とはいえ第一回目、若き日の一豊さま(上川隆也)と、若き…っていうか幼き日の千代(永井杏)はかなり苦労しております。初回からふんどしいっちょで大サービスはどうでしょう一豊さま。そして千代ちゃんは、どこかで見たことあるなと思ったら『女王の教室』の馬場ちゃんじゃないか!ぞうきんがけしていて勢いあまり縁側から落下したのがかわいかったです。千代ちゃんは来週、一挙に仲間由紀恵嬢まで成長する模様。美男美女揃いぶみが楽しみなのですが、それにつけても圧巻ベスト3は、いま日本で一番素敵なワニ顔・舘ひろしの織田信長。声のしぶすぎる大奥浅野姉さんのねね。そして、スーパーアンチエイジング・大地真央さまのお市の方。去年の白石・美輪・夏木の魑魅魍魎トリオとはまた別の意味で濃すぎるラインナップ!
[PR]
by komarius | 2006-01-08 23:49 | テレビ

またも浅草

とまぴょん、むろたん、おおまりと浅草に繰り出しました。新年会も兼ねて、ぜひ新春浅草歌舞伎を体験していただきたいと思いおつきあいいただいたわけです。あいかわらずすごい人出でにぎやかな仲見世を抜け、公会堂へ。今日のご挨拶も男女蔵さんでした。ねえやっぱりハッスルハッスルやるの恥ずかしいよおめちゃん。おめちゃんがやれっていうならやるけどさ…(笑)。お芝居ってのは2度目3度目となるとだんだんツボポイントが決まってくるもので、たとえば『仮名手本忠臣蔵』でいうと、弥五郎(亀鶴)が地面に書いた文字をざさざっと消すしぐさとか、花道で籠からひょっと顔を出したおかると勘平の目があった瞬間だとか、勘平が帯を締めながらポンとたたく音だとか、そういうのなんかがいちいち嬉しい。「狩人の女房が籠でもあるめえじゃあねえか」、ああいうときの勘太郎ちゃんの顔がまたなんともいえないんだよなあ。『蜘蛛絲梓弦』のほうは、なんだかんだ言いながらすぐ寝てしまう宿直のふたりが笑えてしかたがない。終わったあとは六区裏の居酒屋さんで美味しい焼き鳥。とまぴょん、むろたん、おおまり、お楽しみいただけましたでしょうか。今年も飲みましょうねえ。おおまり、お年玉のアロマグッズありがとう!
[PR]
by komarius | 2006-01-07 23:18 | 舞台

コペンハーゲンマジック

お仕事がらみにていろんなお店のカフェをみてまわっているのですが、やっぱりダントツっすねアンデルセン…。メニューも食器もサービスもセンスピカいち。北欧コンセプトらしく、にしんとかサーモンとかマリボーチーズとかそのあたりの食材を上手に使いまわしていろんなプレートを組んでいます。おなかを膨らませることもできるし、軽いビールのおつまみにもぴったり。ご存じの方も多いかとは思いますが、表参道交差点のすぐそば。おすすめします。
[PR]
by komarius | 2006-01-06 23:42 | ごはん・お茶・お酒

おうちゆず茶

指がちぎれそうな寒さってこのことなのか。日本中で大雪、大寒波。どうなってるんでしょう。都市部で寒いなんてぼやいてちゃ罰があたるとは思うのですが、猛暑でも涼しい私の部屋はいま、どんなに暖房をかけても冷蔵庫のように冷え冷えなんですよ…。そんななか、去年から探していたゆず茶ジャムをようやくみつけました。というかなんのことはないサンマルクでお持ち帰りジャムも売ってたんですね。瓶デカ!これでどうにか春まで乗り切りたいものです。
[PR]
by komarius | 2006-01-05 23:58 | ごはん・お茶・お酒

デコさん

『古畑任三郎』。このテーマ曲が流れると、どうしても「♪今泉は今泉はダッダッ、ダッ、ダダダ!」と歌わずにはいられません。西村雅彦さんのアルバム『DECO』に収録されている「今泉君を讃える歌」。今泉慎太郎(西村さん)と芳賀刑事(白井晃さん)、そして科研の桑原くん(今は亡き伊藤俊人さん)による絶妙なアンサンブル、ああ…。今回のファイナル3部作で、ようやく今泉くんが帰ってきたという感じがありますね。それなりに役に立ってるし、古畑さんもそれなりに認めてくれているようにみえます。デキるちびっこ西園寺くんが登場して以来ずいぶんと立場が危うくなり、そのうち話にしか出てこなくなっていた彼がこうして生き生きと怪しさを発揮しているのはたいへん嬉しいことです。それになにより、やっぱり三谷作品には西村さんが出てなくちゃだよ…(涙)。ところで本日、ファイナル2夜目の「フェアな殺人者」、犯人役はイチローです。イチローなんです。イチロー最高!!数々のコマーシャルで既にその演技的集中力を披露してはいるものの、あの感情の積み重ね方はプロだ。そして怖い目。目ぢからって、目の大きさには関係ないんだな。プチ仁義なき戦いみたいな肩を揺すっての歩き方(だけど内股)にはやや笑ってしまったのだが、そこがまたキュートでもあり。一流な人は、なにをやっても一流なわけですね。ふう。それにしても、あの源さん…ではなくコバ(小林隆)さんがまさかイチローの兄という役どころをつとめる日が来ようとは思いもしなかったが、ここにきてイチローに殺されるという空前絶後の幸せな立場に追い込まれた今井朋彦さんの役者人生ってのももっとすごい気がする…。
[PR]
by komarius | 2006-01-04 23:53 | テレビ

浅草でございます

新春浅草歌舞伎。勘太郎ちゃんが帰ってきました。嬉しい!しかし愛之助さんは大阪へ。寂しい…。今年の演目は、1部(11時から)が『鳴神(なるかみ)』と『仮名手本忠臣蔵(かなでほん・ちゅうしんぐら)』、2部(3時半から)が『仮名手本忠臣蔵』と『蜘蛛絲梓弦(くものいと・あずさのゆみはり)』。『仮名手本忠臣蔵』は長いお話のうちの五段目( 山崎街道鉄砲渡しの場/二つ玉の場)と六段目(与市兵衛内勘平腹切の場)。浅野の浪士のひとり早野勘平が、闇夜にいのししと間違って人を撃ち、さらにそれを舅と勘違いして切腹してしまうまで。1部と2部にこの同じ演目がかかるのは、勘平と女房おかるを中村屋のご兄弟、勘太郎ちゃんと七之助くんが役代わりで演じるからなのです。ちなみに「お年だま」といって、毎回お芝居が始まる前、役者さんたちが日替わりでご挨拶と演目の解説をしてくれるのですが、見た目を裏切るあぶなっかしさが売りの市川男女蔵(いちかわ・おめぞう)さんのご挨拶、本日は「1部では勘平を勘太郎さんでおかるを七之助さんが、2部では勘平を勘太郎さんでおかるを七之助さんが」…それだと役代わりしてないんだけどおめちゃん(笑)。ともあれ、ふた通りの五・六段目を体験できる浅草のお正月です。おかると勘平は若夫婦ですが、歌舞伎の場合どちらもよほど芸を積み重ねてからでないと演じきれない大役なので、こんなふうにリアルに若い人がつとめさせてもらえることは浅草ならではの大冒険。ふたりともがんばっていますねえ。クールにみえてハートは熱い七之助くんの勘平と、体はでっかいがけなげで優しい勘太郎ちゃんのおかる。大道具の木をなぎ倒すなど器物を破損するほどに超ホットかつナイーブな勘太郎ちゃんの勘平と、可憐ですっきりビューティホー奥様な七之助くんのおかる。そしていつもながらこのご兄弟が並ぶと起こる不思議な化学反応のプラスα。観る方が観たらもちろん「まだまだ、まだまだ」なんだと思いますが、今のこのふたりのおかる勘平は、今じゃなきゃ観られないわけです。幕はあいたばかりですから、これからさらに公会堂の温度はあがっていくでしょう。みなさまどうぞ浅草へ。それと、中村亀鶴さんが今年もまたいいんだなあ。「五十両〜」の定九郎もカッコいいが、死にそうな勘平をちゃんと気遣って一所懸命話しかけてくれる弥五郎が好きだわ。このナイスガイが実は絵文字大好き青年だとは、舞台からはとても想像がつかない…。
[PR]
by komarius | 2006-01-03 23:10 | 舞台

ごほごほ

年末からものすごい風邪をひいている父の咳がサラウンドで家中に響いている。大丈夫か父よ。へんな風邪だな。正月があけたらいちおう病院に行くよう促してみようと思います。まあ熱はまったくでないし、あと食欲がちっとも落ちないのでそれは安心なのだが。本日も、わが家の正月恒例、1年に1度涙のステーキをすっかりたいらげていた。しかし、たまに食べるお肉ってなぜこんなに美味しいのか…。
[PR]
by komarius | 2006-01-02 23:05 | 暮らし

ゆく「年」くる「歳」

新年でございます。ちょっとお天気はすっきりしないけど、お正月の空気ですね。などとまったりできる暮らしを感謝しつつ。夕べは毎年のごとく『紅白歌合戦』に家族揃って全力投球。今年も盛りだくさんだったなあ。モー娘。は時間さかのぼってみんないるし、WaTのマイクはぶっとんで余計カワイイし、ユーミンの隣の美声韓国歌手の人はものすごいカメラ目線だし、中島美嘉ちゃんは前のめりすぎておじいさんみたいだし、三宅弘城さんがドラムたたいてるし、サブちゃんは吹雪で見えないし。意外だったのは、みのさんの司会が吉と出てとても頼りがいがあったこと。仲間由紀恵ちゃんもその美貌をもってたいへんよく働きました。それにくらべ、七五三のようないでたちで常にぼへーっとしていたうえ「前川清に向かって山川豊」をかました山本耕史さんは、ぼへーっとしたまま優勝旗を手にしました。それでこそ山本耕史、男前。しかし明けて1日、地上波にさきがけてハイビジョンで放送された『土方歳三最後の一日』での彼は熱かった。副長!五稜郭!試衛館!2006年、のっけからまた『新選組!』モードに巻き戻ってしまったわけだが…。

そんなわけで、あいかわらずのふつつかものではございますが、本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。 
[PR]
by komarius | 2006-01-01 23:23 | テレビ