モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ねんざ日記(6日目)今日の出来事

■朝、病院の受付
私 「ここは『北○○』病院ですよね?」
受付「いいえ『○○』病院です」
私 「ガーン!」

■15分後、別の病院の受付
私 「ここは『北○○』病院であってますよね」
受付「あってますが、金曜は形成は午後からです」
私 「ガーン!」

■夕方、レントゲン室
私 「すいません痛くてまっすぐ寝られないんですけど」
技師「いいからまっすぐ寝てください」
私 「痛え!」

■10分後、診察室
私 「足大丈夫でしょうか」
医師「足は大丈夫ですが腰にひび入ってます」
私 「ガーン!どうしたら」
医師「別に普通で平気です。ちなみにあなた、尾てい骨かなり曲がってますね」
私 「そ、それはやばいんですか」
先生「元々いらない骨なんでぜんぜん平気です」

■夜、シアターコクーン
私 「骨折か…なんか具合悪い…」
中嶋朋子さん@エレクトラ「(弟オレステスに向かって)人間は、
   病気だと思ったとたん具合が悪くなるものなのよ!」
私 「…そうだよな(復活)」


そんなわけで、ピンチだったのは足じゃなくて腰でした。
休憩なし2時間半は辛かったけど、『オレステス』おもしろかったです。
舞台のうえにざんざん雨が降っていて、あの細い細い中嶋さんや、おばあちゃま(っぽい人)もいるコロスのみなさんは体力的に大丈夫なのかとちょっと心配になりました。
久しぶりにみた横田栄司さんが、役柄はヘタレだったけど、そして出番は10分くらいだったけど、カッコよかったなあ。
[PR]
by komarius | 2006-09-08 23:24 | 暮らし

ねんざ日記(5日目)寝返り打てず

足、ますます変な色です。フランケンシュタインの顔色みたい。
父が五十肩…、いや六十肩…?いくつ肩なのかって感じですが、最近ようやく近所の病院に行って湿布薬と痛み止めをもらってきていて、その薬を気前良く「あげるよ!」と言ってくれるのでもらっているのですが(いいのか)。
飲み薬って効くのはいいんですが、私は「眠くなる成分」というものに異様に弱いので、そっちの方向に効き過ぎてしまうんです。
だめ、眠い。眠すぎる。
だけど飲まないと座っていられない。寝てもいられない。
寝返り打てないよ、まずいなあ。

そんなこんなで、ドラマ「下北サンデーズ」も終わってしまいました。結局、のべ3回分くらいしか観られなかったなあ。ごめんなさい、そしてお疲れさま、まちゃひこ。
上戸彩ちゃんはすごいねえ。
みんな、ちゃんとすごかったねえ。
佐々木蔵之介さんはやっぱりちょっとコメディがいいねえ。
そして、三宅弘城さんはいつもカッコいい。ガンテツ!亀弥太!
[PR]
by komarius | 2006-09-07 23:31 | 暮らし

ねんざ日記(4日目)足、変な色に

キッザニア
東京・豊洲駅の近くにもうすぐららぽーとがオープンするのですが、そのなかにできる「子供たちのための職業体験施設」です。
たとえばハンバーガー屋さんになったり、テレビ局の人になったり、消防署の人になったり、いろんな職業の人になれるテーマパークみたいなものだそうです。
工事まっただなかの現場へお手伝いにいってみました。
ららぽーと自体が最終仕上げ中なので、エレベーターや階段がそこかしこ通行止めになっていて、フロアーにたどりつくまでがまずたいへん。ロビーで大きなパイプオルガンを組みたている外国の職人さんもいたな。
キッザニアも、まだビニールをかぶってたり配管が出てたりで騒然としていましたが、なんかディズニーランドのショッピングモールみたいで、とてもかわいかったです。子供向けだから天井が低いんですね。たくさんのちっちゃい子供たちがここで楽しんで、働くことが好きになってくれたらいいなあ。

だけど足がですね、痛いんですね。
腰はさらに痛いんですね。
この状況で、段ボールを右から左への備品確認は辛かった…。
[PR]
by komarius | 2006-09-06 23:08 | 暮らし

ねんざ日記(3日目)足さらに腫れあがる

今日はバイト先をお休みして病院。
…に行きたいところだが、お仕事お仕事。
日銭稼ぎに立ち止まっている余裕はありませんぜ、旦那。

突然ですが、池田成志さんのこと。
いいよねえ、ナルシー。
彼の舞台を初めてみたのは今から10数年前、両国のシアターXで上演された「熱海殺人事件」の木村伝兵衛でした。のっけから「うわ、こりゃとんでもない」と圧倒されたと同時に、中盤にレオタード姿で登場し、♪そういう女は殴っちゃえ、へい殴っちゃえ、と歌い踊ったあと、とても恥ずかしそうにしていた姿がツボでした。その後、いろんな方面から「もう、成志さんは!」というエピソードを聞くたびに、もしかして結構ゆるい人なんですか…という疑惑が浮上。しかし、ある時には開演前の客席でぶ厚いハードカバーの本に没頭している知的な姿も目撃されている。
どんな人なんだ、ナルシー。
この秋のパルコ劇場のミュージカル『ゴルフなんて大嫌い!』にご出演されます。ゴルフ場で接待される若社長の役らしいです。
…うさんくさそう(笑)。

それにしても足は痛いです。腫れひかないねえ。っていうか腰痛い。しりもちついたからなあ。うーん。
[PR]
by komarius | 2006-09-05 23:16 | 暮らし

ねんざ日記(2日目)足腫れあがる

朝起きてみますと、左足の甲が腫れあがっておりました。
うわあ、リアルサリーちゃんっぽいぞ。歩けません。

中学高校の頃は、体育の授業やら部活やらでしょっちゅうつき指したりくじいたりしていたので、湿布貼ってネットかぶせとけば、次の日の朝にはなんか劇的に症状が軽くなっているような気がしていたんですが、だめだねえ。
これが年齢というものでしょうか。

とりあえずベランダ掃除用のサンダルを借りてアルバイト先へ出社。普段の歩幅の半分くらいずつしか進めないとので、いつもより早めに家を出ました。まだ夏だからね、サンダルでもあんまり世間的に違和感ないですね。よかった。
[PR]
by komarius | 2006-09-04 23:02 | 暮らし

ねんざ日記(1日目)階段落ち

今日、五反田のゆうぽうとに『シザーハンズ』を観にいったんですが。
一幕を観終わり休憩時間、あまりにお化粧室が混んでいたので、そうだ近くのスターバックスでコーヒー買ってお化粧室も借りちゃおう、と思い、ダッシュで外に出まして。
行ったことのある方はご存じだと思うんですが、ゆうぽうとの正面ってみごとな大階段になっているんですけれども、そこから落ちました(笑)。

いやー久しぶりに落ちました。
学生時代、というかコンタクトレンズにする前は、いろんなところからかなりの頻度で落下していたので懐かしい痛みではあるのですが、懐かしんでいる場合ではなく、ともかくお化粧室に行かなくちゃ。「しりもちつきましたけど、なにか?」という顔で立ちあがり、痛くない、痛くないぞと念じながらスタバへ。お借りして、コーヒー買って、また戻って二幕を観劇。
観ているあいだはよかったんですね。感極まってラスト、スタンディングしようと思ったら。
…痛い!立てない!
左足の足首から甲にかけて、あきらかに腫れあがっています。劇場を出て、魔の階段をよれよれと降り、駅までの商店街にくすり屋さんがあったので湿布と足首用ネットを買って、山手線のなかで貼りました。じんじんしみる。かなり効きそうです。しかし痛みは増すばかり。歩くスピードはほとんど牛歩です。
あーもう、なんかやるような気がしてたんだよなあ。このところ昼間もずっと眠い眠いと思っていたのが、なぜかゆうべに限って一睡もできず。こういうへんてこなコンディションのときって、なにかやるんだ、絶対に。
ちなみに、芝居のラストで降って来た「雪」が目に入ってコンタクトも片目なくしました。使い捨てでよかった!

とりあえず、忘れ得ぬ夏の思い出をありがとう、エドワード。
これで厄落とししてスカッと進めれば、それもよし。
[PR]
by komarius | 2006-09-03 23:21 | 暮らし