モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大晦日でございます

b0008883_22362268.jpgラストデイ・オブ・2006。
年賀状印刷をプリンターにまかせつつ、大掃除をはじめてみました。
うーん…どっちも今年中には終わらないな。確実に。
だけど、どうしても年内におおまりと飲みたいという野望はなにごとにも優先され、夕方、ひと気のない表参道の東方見聞録でつどいました。年末の忙しい日にありがとねえ。そしてはんことCD、ありがとねえ。自分の名前の字でいちばん好きな「麻」の字のはんこ。さっそく年賀状に使います。そしてCDは感動のおおまりねえさん初CDだぜ!

大晦日ですので、2006年の私的事件をいくつか。

ひび2箇所
ひびが入ったことよりも、その原因が「観劇の休憩中に急いでお手洗いに行こうとして階段落ち」だったことが情けない。まだ修復中ってこともあるんですが、やはり寒くなってくると響きますねえ、こういう怪我は。

身内が入院、そして退院
びっくりしましたが、もう大丈夫ですんで!ご心配いただいた友人のみなさま、どうもありがとうございました。いやしかし、大きな病院にいくと、ひびなんてハナクソピーに過ぎないということがわかりました。ほんとに。

ようやく右目も奥二重に
昔は両目とも一重だったんですが、数年前になんでかわからないけど左目が奥二重になり、そして今年の夏くらいになんでかわからないけど右目も追いつきました。どういうしくみななんだろう、まぶたって。自分以外の方にはとてつもなくどうでもいいことなんですけど、なんか嬉しかったんですよ!

蜂騒動
6月のある夜、なぜか自宅お風呂場の換気口から弱りきった蜂が3匹迷いこんできました。調べてみると、その換気パイプの先、ベランダすぐのところにクマンバチの城が!壁伝いに聴こえてくるブンブンものすごい羽音はけっこう怖かったのですが、彼らはあまり人間には興味がないみたいで襲ったり近づいてきたりすることもなく、専門家の方に巣をとりのぞいてもらったときにはもう誰もいませんでした。察するに、風呂場出現の夜、一族のなかで内部闘争のようなものがあり、お風呂場へ迷いこんできたのはそのなかの落ち武者。で、勝者および残党は廃虚をあとに新天地へ旅だっていったと。ハチをまじまじと見たのは初めてでしたが、べっこうみたいな目とか、首を巻いてるボアとか、なんかすごくきれいで哀しくなってしまった。まあ、これがスズメバチだったら洒落にならなかったのだが…。

歌舞伎座ディープ体験
4月に、中村松江さん、玉太郎ちゃんご襲名のお手伝いをさせていただきました。こんなこと、人生において絶対にないことだと思ってた。お役にたてたのかはまったく自信がありませんけど、ほんとにスペクタクルな1ヶ月だったです。

携帯紛失アゲイン
最高にテンパってた12月。こりゃなんかやるなと思ってたら、やりました。ある人の教訓を得てガードをかけておいたので、みなさまの個人情報流出はなくてすむと思うのですが、ご連絡が遅くなったりしてご不便かけたりするかもしれません、ごめんなさい。探索は続けつつ、もう思いきって新しくしちゃいました。「顔」で選んだので、前と違うメーカーになってしまい、小さい「っ」の打ち方がいまだによくわからない。音楽が聴けるらしいのですが、そんなのいつになることやら…。

本がでるかもしれない
年明けの1月下旬に、どうやら本が出ます。ほんとかな。赤入れしすぎて腱鞘炎になった右手以外、まだ実感がないんですけども。
この話はおいおい。


こんなへなちょこな私ですが、来年もどうぞよろしくお願い申しあげます!
[PR]
by komarius | 2006-12-31 23:10 | 暮らし

ねんざ日記あらため骨折日記(なん日目だろう)その後

b0008883_23271014.jpgばたばたしているあいだに、あっという間に年の瀬ですもんね。びっくり。

ひびわれ骨折のその後。
ひと月くらいは寝返りが打てなかったり、椅子に座るのも15分たつと結構きつかったりして、普段なに気なくしてる動作でも体のいろんなところを細かく使ってるんだなあ、としみじみしました。10日に1回くらいのペースで病院に通ったのですが、行ってもレントゲンをとってひびの長さをチェックするくらいしかできることがないんですよね。まあ、自分の腰骨の写真を見られる機会というのもそれほどないと思われるので、よくよく見ておきました。
10月の下旬。いつものように病院にいってみると、スケジュールの変更があって、いつもと違う先生が診察室に座っていました。たまにはそれもいいかな、とあらためてカルテやレントゲン写真を見てもらったところ、

■診察室にて
医師「ひびはまだもうちょっとですね」
私 「そうですか」
医師「それと、足まだ痛いですか?」
私 「はいわりと痛いです」
医師「あのね…左足の小指も折れてました」
私 「ガーン!」

そうだったのか。
どうりでなかなか腫れがひかないと思ったとです…。
その後、健康保険組合から負傷原因についての照会、つまり「あなたが病院にいったのは『左足関節捻挫、仙骨骨折、尾骨側方脱臼』の治療であってますか」という書類がきたので、「あってますけど足も捻挫じゃなくて骨折でした」と書いて提出しておきました。保険組合的には労災かどうかを知りたいだけで、捻挫だろうが骨折だろうがどっちでも同じことだよね(笑)。

そんな感じで秋は深まり、身内が病気になってまた復活したり、仕事にパニクってそれがどうにか片づいて、今年も残すところあと2日。
いやーバタバタな2006年終盤でした。
来年はもうすこしのほほんと過ごしたいな。もうすこしでいいんで。

ところで大掃除はどうする。年賀状は。どうするの!俺!
[PR]
by komarius | 2006-12-30 23:18 | 暮らし