モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

猫まっしぐら

おおまりととまぴょんと
劇団四季の『キャッツ』を観てきました。
何年ぶりだろうキャッツ!
五反田駅から歩くこと10分弱、
路地を曲がってキャッツシアターの電飾が
見えた瞬間から、だだだ大興奮。

うわあ〜。
のっけの、♪チャラララ〜リラ〜ララ〜で
関節がわなわなしてきました(笑)。
おお、憧れの生徒会長マンカストラップ。
まぶしすぎるぜタントミール。
首がすわっていないぞマンゴジェリー。
一家に一匹スキンブルシャンクス。
そして愛すべきジャイアン、ラム・タム・タガー。
ああ悔しい、いまだ全部の猫の名前が判別できない…
でもみんなみんな、なんていい感じなんでしょう。

驚いたことは、
みんなすごく「きれい」になっていたこと。
スタイルもよくてお化粧も上手になって、
そばで見てもぜんぜん「きれい」なんだよな。
それと、なんかコミカルな要素が増えた気がする。
以前はもっと哲学的な雰囲気が強くて、
たとえばミストフェリーズなんか
かなりアルカイックでものすごく謎めいた猫という
印象があったんだけど、
今回演じていた松島勇気さんのミストフェリーズは
とても軽やかで茶目っけたっぷり。
ダンスが超絶技巧なのはもちろん、
クライマックスでさらわれたオールド・デュトロノミーを
呼び戻すという大役を仰せつかって
大仕掛けのマジックをやるんだけれども、
それが成功したのかどうか怖くて振り返れないんでしょう、
赤い布を抱きしめてぎゅっと目をつぶっているのです。
それをマンカストラップに「ほら、みてごらん!」と
促されて振り返り、大喜びで踊りまわる…
このくだりがもうなんとも可愛くてねー。
なんだろうこの変化。
役者さんたちの世代がひとつかふたつ変わっているからかもね。
前のも、今のも、両方好きかも。

ツボだったのは
老いた俳優猫アスパラガスが
若き日の当たり役”グロールタイガー”を再現する場面で
シャム猫軍のリーダー役で大立ち回りをやった人(猫)。
とまぴょんに聞いたところ、
ギルバートっていう猫らしいんですよ。
右目の下に下まつげみたいな模様があってね、
「時計仕掛けのオレンジ」みたいなの。
なんとなく他の猫に比べてオーソドックスな響きの
名前を持つ猫、ギルバート。
かっこよかったなあ。
[PR]
by komarius | 2007-03-31 23:52 | 舞台

ほな、また!

昨年の秋から半年続いた
NHKの朝ドラ『芋たこなんきん』が
ついに最終回を迎えました。
作家、田辺聖子さんの自伝を原案に、
大阪天満橋の商店街で繰り広げられた
ちょっと変わった人情話。
味わい深い半年間のしめくくり、
最終週のサブタイトルは「ほな、また!」。
泣き笑いのなか、
物語は爽やかに幕を閉じました。

この半年、
わが地味な人生においても小さい山が
ぽこぽこと出現しておりましたが
それをえいさと越えてくることができたのは
毎朝しみじみと笑わせてくれた
このドラマのおかげだったなあと思います。
そして、藤山直美さんの演じた「花岡町子」は
家族や友だちを大事にすること、
毎日きちんと書いていくこと、
そして、お酒を飲んでたくさん話すこと、
そういうことのすがすがしさを
改めて教えてくれました。

あ〜、いしだあゆみ祭りもおひらきか。
いしださんの演じた
町子の秘書の八木沢純子さん、
素敵だったんですよね〜。
最終回の最後の場面に、
町子と純子さんが家を出ると、
そこになんと
田辺聖子さんのホンモノが立ってて
お互いに「こんにちわ」って挨拶するという
素敵な趣向があったのですが、
田辺さんの横にこれまたきれいな人が立っていて、
あれはもしや、
ホンモノの純子さん(にあたる人)なのか!?
NHKのサイトで確認しようかと思ったけど
違ったらなんとなくがっかりだから、
そうかもしれない、という夢のあるところで
今日はよしとしておきました。

来週からは『どんど晴れ』。
半年ぶりの若いヒロイン。
ついていけるかしら(笑)。
[PR]
by komarius | 2007-03-31 14:52 | テレビ

モンキーマジック

唐突ですけどわたくし、
申年(さるどし)生まれなんですね。
同い年でものすごい自慢できる著名人〈自分とは無関係だが)
っていうと、
女性だと武田久美子さんとか菊池桃子さんとか鈴木京香さん
なんですけども、
男性ってなんかあんまりみつからない。
ジャニーズでも男闘呼組とか忍者とかだしね。
いや好きだけどね、男闘呼組も忍者も
(両方とももうないけどね)。
すぐ思いあたる人っていうと、あと内野聖陽さん。
それと、野球の桑田真澄選手。
うっちーと桑田…
昭和43年生まれの男性はホクロマン率が高いのか?

桑田選手が怪我したニュースをきいて
私はビールの缶をひっくり返しました。
あんなにがんばってたのに、
いくら彼が我慢強いからって
ユー試練与えすぎなんだよ、スポーツの神様。
でも、やっぱり桑田だなあと思うのは、こんなときに

「人生は選択の連続。
 野球も人生も一緒で何が起こるか分からない。
 これをプラスに変えていくことが大事。
 何とか、もうひと踏ん張りしたい」

とか本気で言えちゃうところ。
野球が好きで好きで、
もうそれだけなんだろうなあ。
普通の人が体験しないような修羅場を
たくさんくぐりぬけてきて、
それでも野球なんだろうなあ。

がんばれホクロマン。
アンタは10代の頃から
同い年とは信じたくないくらいおっさんくさい人だったけど、
それでも、心底応援してます。
[PR]
by komarius | 2007-03-29 23:50 | 暮らし

ホンダララの教え

植木等さんが教えてくれたことは、
「がんばらなくていい」というよりも
「がんばるという以外のテイストで
日々を暮らしてみてはいかがすか」
ということだったんじゃないかと思うですよ。
なんかやらなきゃいけない時ほど
スーダララ、ホンダララ。
だってクレージーキャッツに
がんばってない人なんかいなかったもんね。

寂しいけど、がっくりだけどさ。
無責任教の教えを守って
人生の山を越していきたいと思います。
[PR]
by komarius | 2007-03-28 18:49 | 暮らし

ごくらくデー

昨日、楽しかったなあ。
昼間はおおまりと新橋演舞場で『阿国』、
夜はおおまりのライブで浅草橋の「ニライカナイ」。
なんという贅沢日和。

豊臣から徳川へと時代が変わろうとする京の河原に
流れついた女芸人、阿国とその一座。
上々颱風の音楽も台詞のひとつひとつも
これ以上変えようがないほど完璧なリズムで組み上げられた
ミュージカル『阿国』、
初めて観たのはもう10年以上前のことです。
我がささやかな観劇人生において
最も衝撃を受けたこの作品は、
10年を経てもなんら変わることがありません。
っていうか、木の実ナナさんも若松武史さんも
周りのみなさんも、年とらなすぎです。
さすがに上條恒彦さんは
お丹をひょいと肩車、というわけにはもういかないけど、
あの声の空気を震わす大きさ、どうでしょう。
初参加の西川忠志くんがよかったなあ。
時代に取り残されて散った若い侍、左門の
壮絶な最期。鮮烈でした。
さて、蜘蛛舞二人衆にはちょっとうるさい私。
一蔵=東山義久、二蔵=西村直人の三十路コンビ、
なるほど、これもありですな。
新しいヨシくんの発見に大喜びし、
弾けそうでいて結局控えめなナオちゃんらしさに
ちょっと涙したり。
私がキャスティングディレクターだったら
一蔵と二蔵、逆にしてみたかった気もするけども。

浅草橋西口から徒歩30秒。
ずっとおおまりからきいていて
なかなか行けなかった「ニライカナイ」に
ついに行けましたー。
居心地のいい、素敵な沖縄料理屋さんです。
理由はよくわかんないけど緊張して
何回か前を素通りしてみたのちお店のドアをあけますと、
テーブルに懐かしい顔、顔、顔〜。
友近さん、ルパンさん、わかなさん、おかべさんと
「久しぶり」というご挨拶もそこそこに
いきなりサビから入って
美味しいお酒をたくさん飲んじゃいました。
みなさん、お仲間に入れてくださってありがとう!
おおまりの歌、久しぶりにゆっくり聴いた。
いいっすねえー。やっぱりなんかいいっすねえー。
こういう時間がこれからも
しょっちゅうあったらいいのにな。うーん極楽。

ちなみに、
錦糸町から半蔵門線に乗れることを初めて知りました。
プチ衝撃!
[PR]
by komarius | 2007-03-27 23:48 | 暮らし

おしらせします

今日の毎日新聞朝刊。
たずね人とか、お詫びと商品回収とかが
載るっぽいところに、
千代田区からのお知らせで
「千鳥ヶ淵の桜が咲きはじめました」。
へえ〜、こういう広告あるんだねえ。

さっき上野の谷中墓地に
お墓まいりにいってきたんだけども、
あのあたりの桜も咲きはじめでした。
でも遠くからだと、
まだ「咲いてる」というよりも
枝がぼんやり赤くなってるという感じ。
この段階もまた味わい深い。
けど、やっぱり花が待ち遠しい。
ぱーっと明るい並木道を
匂いに酔っぱらって
そぞろ歩きたいですねえ。
[PR]
by komarius | 2007-03-24 23:19 | 暮らし

とろふわ〜

今日のランチはオムライス!
神田駅のガードからほど近いところにある
美味卵家(うまたまや)にいきました。
かわいい小さな洋食家さんに
おじさんたちも並ぶ並ぶ。
入口には、ホンジャマカの石塚さんの写真が。
いしちゃんの顔みると
ただでも美味しそうなものが
さらに美味しそうにみえるから不思議!
テイクアウトして
オフィスでパックをあけますと、
期待にたがわず、とろふわ〜。
デミグラスソースに白いごはん、
半生たまごのうえにチーズもかけてみました。
たまごとごはんの間には
隠し味的にトマト味のそぼろ肉と思われるものが。
こ、こ、これは〜!
天国のとろふわ!
[PR]
by komarius | 2007-03-23 23:33 | ごはん・お茶・お酒

働くおじさん

祝日なのに。
いい天気なのになー。
なんて思いながら1日仕事をしてましたけど。

いま、終電乗り換えを待つ地下鉄の
赤坂見附のホームで
お礼も言わない若者をさらに走って追いかけ
やっぱり丸の内線に乗ったほうがいいですよと
教えてあげてる駅員さんをみました。
表参道駅では、階段の下からホームに向かって
いまもうひとり行きます、ひとり行きま〜す!と
絶叫する駅員さんがいました。

毎日のことなんですよね。
お疲れさまです。
私も、文句いわずにがむばりまする。
[PR]
by komarius | 2007-03-22 23:26 | 暮らし

フィスト!

仕事終わって通りにでたら、
あらら今年もいつの間に。
振り上げるもこぶし、
喉でまわすもこぶし、
そしてみゆき通りに咲き乱れるこぶしの花。

銀座界隈は、桜よりひと足早く
こぶしの白い花が通りを彩ります。
ビルの谷間の日あたり具合で、
咲いてる枝とまだまだな枝が。
マイペースですなあー。

仕事終わって通りにでたら
そのこぶしの木の下では
大勢の人が酔っぱらって
駅に走ろうとしたり次に行こうとしたり
これまたマイペースですなあー。
そうか、やけに人が多いと思ったら
明日は祝日なのだった。
ま、おいらには関係ないけど
つられてなんとなくいい気分。

地下鉄は終電。
右隣の人は会社が海外の企業に買収されたらしく
「それでうちの社名って変わるのか?」
左隣の人は長距離のトラック屋さんで
「このあいだ買ったお土産の水戸納豆」
の話をしていました。
これまた非常にマイペースですなあー。
[PR]
by komarius | 2007-03-21 23:38 | 暮らし

本日発売

ともだちが、
本日発売になる新しいビールの
おためし品を送ってくれました、ありがたう!
「キリン・ザ・ゴールド」。
ゴールドといいながら
缶の色あいはにぶい銀ねず色とでもいいますか、
絶妙な色合いの落ちついたデザインが
しっくりと来ますねえ、
すとーんと来ますねえ。
おためし飲みしてみますと、
ちょっと地ビールっぽい、
草原の香りがいたします。
寒い季節よりも、ほっこり暖かい
これからの季節にあいそう。
真夏の午後にもあいそう。
隠し苦味、というやつが効いているらしいです。
ビールの開発研究者の現場って
どんななんだろうな。
毎日ビールのことばっかり考えてるんだろうか。
仕事だから、仕事中にも飲むんだよね。
酔ってもいけないし眠くなってもいけないし
肝臓もだいじにしなきゃいけないし
ビールの味に飽きちゃいけないし。
楽しそうだけど、たいへんそうだな。
いや、たいへんそうだけど楽しそうなのか。
[PR]
by komarius | 2007-03-20 11:46 | ごはん・お茶・お酒