モノ書きの「こまり」です。映画、舞台、音楽、ごはん、お酒、そのあたりのことを書いたり、描いたりしています。ときどき歌ったり、踊ったりもしています。
by komarius
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2012年 01月
2009年 09月
2009年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
その他のジャンル
つぶやいたりも。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ビッグ

2週間ほどまえ、わたくし
むやみにコーラを飲みたくなっていたわけですが、
やはりその時から風邪は着実に進行しておったようで、
こないだの週末には珍しく熱なんぞだしてへとへとになりました。
ピークはすっかり超えたけど、
いまは実にすばらしい「咳」の段階にさしかかっております。
もうねえ、どこのじいさんかと。
迫力のわりにはぜんそく気味の空咳より楽で
むしろこれだけの「咳らしさ」だと咳き込み甲斐もあるのですが、
もう周りに申し訳なくてそっちのほうが冷や汗です。
職場はもとより、老親にも絶対に伝染せないしねえ。
誰にももらってもらえない風邪はどこに捨てたらよいのだらう。

ところで、風邪をひくと必ず同じ夢を見ます。
同じじゃないか。同じパターンっていうのかな。
たいてい揃っているアイテムが
「立派な建物」「飛行機」「間違って移動」「それほど困ってない」。
今回のをかいつまんでいうと

「レストランの調査のためまずはイギリスへ。
ヨーロッパの高級ゴルフ場のクラブハウスみたいな建物に入り、
これまた高級な木製のロッカーに荷物を入れたはいいけど
以前イギリスに来た時のポンド小銭を家においてきたことに気づき
荷物はそのままにあわてて帰国する。しかし考えてみれば
現地でカードをきるか両替すればよかったのであって
なぜわざわざ小銭のために帰国したのかと我ながら呆れ、
とりあえず戻ろうかな、荷物置いてきちゃったしな、
今から戻ってみんなと合流出来るかなあ…
とか考えながら成田でカプチーノを飲んでいる」

元手のいらない夢の中くらいもっと意味のある冒険をしろよ、
と我ながら情けなくなりますが、
しかし今回もこのクラブハウスの記憶っていうのがねえ、
ものっすごい鮮明なんですよ。
風邪のときに限らず建物って結構夢にでてくるんだけど、
日本のでも外国のでも、すっごいリアルなんだよね。
角を曲がる感覚、ドアノブの手ざわりまで覚えてる感じ。
巨大なクラブハウス、巨大なホテル、巨大な洋館、巨大な日本家屋。

団地で育ったから、でかい建物に憧れているだけなのか…。
[PR]
by komarius | 2007-10-31 19:33 | 暮らし

ふとレスリーのことなど

以前、うちのそばには
プレノンアッシュという映画会社の事務所があって、
通りに面したコンクリ打ちっぱなしの外壁の
ぐっと高いところに
大きなポスターが2枚かかっていました。
両方とも香港映画「ブエノスアイレス」のひと場面。
タンゴを踊る人影がぶれ気味に映る1枚も、
ぱーっとした青空の下で睦まじいほうの1枚も、
なんか朝の通勤路には微妙なセレクトではありましたが
それでも「おはようレスリー様」な気持ちで見上げながら
駅へ急いでいたものです。

その後、その映画会社はどこかへ引っ越し、
そしてレスリー・チャンは突然に逝ってしまい、
ファンの手元には彼がスクリーンに残した
たくさんの笑顔やら泣き顔やらしかめっ面やら
そんなものだけが残りました。
レスリーの映画はいつも刺激的だった。
まじめな役もやってるはずなのにねえ、
どうもレスリーの印象っていうのはどこか
わがままで気分屋でだらしがなくて、
なのに思いがけないところですごく優しかったりして、
こういう人のそばにおったら駄目人間になってしまう、
いやもう駄目人間になってしまってもいいか、
とか思わせるような魔力を持った人でした。

でも映画ってやっぱりいいね。
何年たっても、誰がどうなっても、
繰り返し見ることができるもんね。
舞台はそうはいかないから、
作り手たちにはいつも、いつまでも
元気でそこにいてほしいのだ。
次はなにを見せてくれるのか楽しみにしていた舞台役者が
ふっつりと消えてしまうのはしんどい。
ただ、しんどい。


レスリーといえば「覇王別姫」舞台化なんすよね。
ああ、なんでよりによってこの作品…
作り手のみなさんが元気で
次があるだけよしとするべきだろうが、
あまりにもしんどい(笑)。
[PR]
by komarius | 2007-10-30 20:36 | 映画

きりんさん

今年もこの季節になりました。
白麒麟。
待ってたわー。

ビールも発泡酒も、
似たような味とはいえなんとなく
飲みやすい銘柄ってのがありまして。
冬麒麟は手がのびるひとつです。
冬がくるのが嫌じゃなくなる感じで。
青~い、さわやかな感じで。

デザインの影響受けすぎの消費者ですが。
[PR]
by komarius | 2007-10-30 19:37 | ごはん・お茶・お酒

しらたーま

おやつできたでー、
とおとうちゃんに呼ばれて
居間にいってみたら、
そ、それはしらたまやないけ!
耳たぶの柔らかさになったら
まるめてお湯に落として…
をどうしてもやりたくなって
買っておいたしらたま粉。
なんでおとうちゃんが茹でとるん!?
と、一瞬「ちりとてちん」のB子になりかけたが、
いやありがたうおとうちゃん。
しかしこれ、

しらたまは赤血球の形

という私の思い込みをくつがえす
豪快なフォルムでしたが、
でもちゃんとしらたまの味がするもんですね。
というか、おもちの味か。
そりゃもち米100%だもんね。

今回はあずきは缶詰めだったので、
次回は豆から茹でたいと思います。
そのときはやっぱりしらたまは
赤血球の形にしてみたい(野望)。
[PR]
by komarius | 2007-10-28 19:38 | ごはん・お茶・お酒

こめこめ

さっき家に帰って来たら、テレビで
米米クラブ熱唱中。
うおお、久しぶりに聴く「浪漫飛行」。
こう、視界がぱーっと開けて、
いろいろあれやこれや細かいことが
もうどうでもよくなるような感じですね。
シュークリームシュ、変わらないわー。
ダンサーが増えてて画面が狭いよ!
コータローちゃんがいないのはちょっと残念…
「竹下宏太郎」になってからの彼もいいんだけどさ、
でっかいステージの段々になったスペースで
なにもそこまでっていうくらい踊りまくっていた
コータローちゃんの姿がちょっと懐かしい。

しかし、やっぱり90年代のサウンドもいいですね。
80年代ほど古くもなく2000年代ほど新しくもなく
…そのまんまじゃねーか。
先週だったか、朝ドラ「ちりとてちん」で
江波杏子さん演じる小梅さんおばあちゃんが
主人公の喜代美が学祭で三味線を演奏するにあたり
選曲をどうするかってときに
「”せいいえす”か”うぉんびーろーん”にしなはれ」
みたいなサジェストをしててとてつもなく笑いました。
うぉんびーろーん。
うぉんびーろーん。
これまた懐かしい…。
[PR]
by komarius | 2007-10-27 19:39 | 音楽

イエスコークイエス

一年に一度くらい、
なぜか急にコーラが飲みたくなることがありませんか。
私はあります。
そういうとき、たいていは
風邪のひきはじめだったりするんですが、
のどが乾くからというより、こう
しゅわしゅわさせたい、っていう感じで~。
もちろん、ベストツールはビールです。
でも仕事中は無理よね。
眠くなっちまうもの。

今日はそのコーラを傍らに
ちょびっと残業をさせてもらって、
それでもまだいろいろと心残りがあって
ほんとはもう少しやっていきたかったんだけど、
気にかけてくれていた社員さんに

「無理しなくていいですよ。
 派遣さんには残業しなくていいようにしてあげたいので」

といってもらって、
あっ、しまったそうだった~!
とあわてて片づけてきました。
気をつけてるつもりなんだけど、
つい昔の正社員時代の感覚に戻ってしまっているみたいです。
そうだよね、私がいつまでもいると
社員さんが叱られるんだよね…。
なんとなく情けない。凹む。
バイトにもいくらでもやらせてくれた前職場が
ある意味懐かしい。

あー仕事したいなあ。
もっと働きたい。
ドラマ『クリミナルマインド』にでてくる
事務方のブロンドちゃんくらい
チームの役にたってみたい。

ブロンドでもなければ若くもないわけだが。
[PR]
by komarius | 2007-10-12 19:39 | 暮らし

小次郎おじちゃん!

いつものおにぎり屋さんのテレビで
ちりとてちんがおわったあと、
スタジオパークがはじまったら
ゲストが京本政樹じゃないか。
うーんいい男、小次郎おじちゃん。
しかしテレビの音声はゼロにしぼられているため
なんにも聞こえないです。
店内BGMの沖縄民謡が腹立たしい…。

ためしに家に電話してみたら
録画担当の父は外出しており、
DVD機に挑戦してくれる気のまったくない母は
「おかあちゃんが代わりに見といたる!
あとでものまねしたるさけぇー」
と、糸子さん化していた。
[PR]
by komarius | 2007-10-11 19:41 | テレビ

松尾なのか鈴木なのか

わりと『キャバレー』おたくなんです。
というか、カンダー&ウェッブおたくなんです。
青山劇場ではいま、松尾スズキ演出の
新しい『キャバレー』がかかっています。
先週末に体験してきました。
ひとことでいうと、
松尾スズキってすごいなあ。

開幕前に、某誌面で
まだ見ぬ松尾キャバレーへの期待を書くことになり、
松尾さんと出演者への期待を
かなり素直に綴ってみたところ、
あと2回は校正が必要な感じの
座りの悪い文章を書いてしまい
微妙な気持ちのまま拝見したゲネだったのですが、
期待どおりというか、期待を超えてというか、
ほんと、松尾スズキってすごいなあ。

これから観にいかれる方もあるかもしれないので
ネタばれにならないよう
ツボだったアイテムからいくつかあげてみますと、

*アマデ
*世界の車窓から
*赤べこ
*尾崎
*煙プシュー

でも、ちゃんと『キャバレー』なんですよ!
振付よかったな。
絶妙なキャスティングだった。
あんなかわいい「ギザアヤシス」がいえるのは
この世でしょこたんと平岩紙ちゃんだけだ。
そして、シュルツさんとシュナイダー夫人のナンバー
「パイナップル」の演出は
ある意味、ブロードウェイを超えた気がする。

やっぱり、松尾スズキってすごいなあ。
『シカゴ』とかもやってみれば?
[PR]
by komarius | 2007-10-10 19:42 | 舞台

きょうとかきのうとか

じゅんざうとあっきーと飲んだ。
楽しかった。
前のバイト先のともだちの顔をちょりっとみられた。
かなり嬉しかった。
おおまりと食べたお昼のピザが美味しかった。
いつも気にかけてくれてさんきう。
沢尻エリカのいってることはいい悪いじゃなくて
すごくわかる気がした。
がんばれよ。
ワインと冬山が大好きなニコルさんが
フランスから天国へ引っ越しした。
そんなわけないと思った。

みんな、移動速度速いね。
かなり鍛えないとついていけんよ。
[PR]
by komarius | 2007-10-05 19:43 | 暮らし

ちんとんしゃんてんとん

10月かあー。
後半戦突入ですか。
あ、それは年度尺か。
1月はじまりでいったらもう
4分の3きちゃったんだよね。
だんだん秋らしくなってきたことですし
いろいろがんばりますか。

朝ドラは「ちりとてちん」にリニューアル。
いま、主役のきよみちゃんは子役なのですが、
まあこれがいかにも
長じて貫地谷しほりさんになりそうな
かわいこちゃんなのです。
もう「コールドケース」レベルのリンクっぷりです。
どこが似てるんだろう…顎か?
朝食時に京本政樹、にも
3日で慣れました。
そうだ、桂吉弥さんが今月東京で
「ちりとてちん」やるんだよな。
いつだったっけ、もう席ないかなー。

ちなみに母はどうしても
「ちりとてちん」が覚えづらいらしく、
「とてちてちん」と呼んでいます。
小島よしおみたいでまぎらわしいです。
[PR]
by komarius | 2007-10-03 19:44 | テレビ